ミドリムシ入りの青汁を飲めば体中に元気が漲る

コレステロール対策に最適

婦人

血液中のコレステロールと、野菜不足を同時に改善したいなら、ミドリムシの青汁が最適です。ミドリムシの青汁にはコレステロールを下げる不飽和脂肪酸が含まれていますので、豊富な栄養を補いながら、動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立ちます。

ミネラルが体を元気にする

野菜と青汁

体を正常に機能させるにはミネラルが不可欠ですが、59種類もの栄養を備えるミドリムシの青汁ならその殆どが補えます。また、ミドリムシに含まれるDHAとEPAがコレステロールを下げる働きを担い、同じく含有成分のパラミロンは、腸でコレステロールを吸い付け、便として排出する役目を持っているのです。

中性脂肪が気になる場合

飲料

野菜の栄養だけでなく、魚などの動物性の栄養も補えるのが、ミドリムシの青汁です。ミドリムシにはDHAとEPAも含まれているため、中性脂肪が気になる方にもおすすめできる青汁になっています。また、豆乳に溶いて飲みますと、大豆サポニンの働きも加わり、一層中性脂肪の改善に取り組めるのです。

休まないで飲む

飲み物

栄養素がまとまっている

ユーグレナは少し前からとても注目されるようになっていますが、これはミドリムシの学名です。ミドリムシは淡水域の分布している非常に小さな単細胞生物で、5億年以上も前から生息していると言われています。藻の一種ですが、光合成を行う植物の特徴と鞭毛運動をする動物的な性質を併せ持っています。ミドリムシには人間が生きていくために必要な栄養素のほとんどが含まれています。野菜に多いビタミン類やミネラルに加えて、青魚に多く含まれるDHAやEPAなども含んでいます。含まれている栄養素はビタミン、ミネラル、アミノ酸などに加えてミドリムシだけに含まれるベータグルカンのパラミノンという成分など全部で59種類もあります。ミドリムシは消化率も90%と非常に高いので直接野菜を食べるよりも消化、吸収にはすぐれています。ミドリムシはサプリメントとして錠剤や粉末などの商品が販売されていますが、最近はこのミドリムシが配合された青汁に注目が集まっています。青汁は大麦若葉や明日葉など食材としては摂りにくいけれど、栄養価としてはとても高いとされるものでできています。この栄養価が高い青汁にミドリムシが配合されたものは、栄養が偏りがちな食生活には強い味方となっているようです。不足しがちな栄養成分を摂取する目的でサプリメントなどの健康食品を摂取するのは効率が良い方法です。食生活の一部にミドリムシが配合された青汁を加えることで健康維持、増進が期待できます。そのためには、短期間で終わりにするのではなく、継続して続けるということも必要になると言われています。最近は粉末や粒状のものも多いので、青汁が苦手な人でも利用しやすくなっています。